2020年は引越し難民増加の恐れ 新型コロナウィルスの影響で

Pocket

新型コロナウィルスは年度の変わり目の引越しにも影響

例年、3月と4月は引越し難民が多数発生する時期であるが、今年はさらに増える恐れがある。

スポンサードリンク
  
    

新型コロナウィルスの感染拡大の影響で、作業員が感染することによる急なキャンセルが生じる恐れがあるのだ。

さらに、同じ現場で作業に従事していた者は濃厚接触者であるため、会社の判断によって勤務から外される可能性がある。

すると、人手不足のために予定していた引越しの一部をキャンセルせざるを得なくなる。

最悪の事態は会社が休業し、その会社が受け付けていた一定期間の全ての依頼をキャンセルすることだ。

業者を手配できていたにもかかわらず、急に引越しができなくなるという事態を想定しなければならない。

また、引越し業者に依頼していた本人が感染して強制入院となり、引越しできないという事態も考えられる。

 

企業は引越しを伴う異動の時期をずらす等の対策を

対策としては、企業が年度の変わり目のタイミングでの引越しを伴う異動については延期を検討するといいだろう。

この感染症が落ち着くまでは人の移動をさせるべきではなく、異動が失敗することによる一部事業所での人手不足や余剰人員が発生してしまうことのリスクを考えるべきだ。

政府は不要不急の人の移動については自粛を求め、大きな混乱が生じないように適切な要請をするべきだろう。

 

関連記事

医療現場で実践されるコロナ、インフル等の感染症対策と素人の盲点

コロナやインフルに有効 薬剤師が教える消毒用エタノール(アルコール)の正しい使い方と応用法

マスクの相場は1箱2,000円台? 品薄解消後も当面高値が続く理由

コロナの最善の予防法はブラック企業を辞めること 休業手当と傷病手当金は感染した時のために知っておくべき知識

 

Sponsored Link
 
  

Sponsored Link
 
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です