20代の半数が転職を考えているという事実 数十年先を見越した判断を

Pocket

転職サービス「DODA

スポンサードリンク
  
    
」の調査によると、20代のおよそ半数が転職を考えているようです。

実際には、3年以内の離職率は30年前から3割前後で推移しています。

最近の若者はゆとり世代だからすぐに辞めるというわけではなく、ずっと昔から離職率は大きく変わっていません。

 

よく「3年」を目安に考える方が多いようですが、3年の根拠は何なのでしょう。

「石の上にも三年」という諺がありますが、あくまで3年は比喩表現であり、長い間辛抱すれば、いつかは成し遂げられるという意味です。

「3年は我慢しないと」と考える方は多いのですが、果たしてそうなのでしょうか。

 

転職を考える理由は様々ですが、簡単に言えばミスマッチです。

エントリーする段階で得られる情報が限られており、いざ入ってみたら「こんなはずではなかった」と思い、やがて離れていってしまうのです。

情報公開が適切に行われていないのが根本的な要因であると考えられます。

 

まずは求人票。

お金を稼ぐために働くのですから、給与に関する情報は最も重要です。

しかし、多くの求人票では詳細に開示されていないのが現状です。

休日などのその他の条件や時間外労働の実態もわかりません。

求人票からは具体的な内容がわからず、かといって詳細に聞くと印象が悪くなってしまうため聞くことができない。

結果的に、「年収がこんなに低いとは思わなかった」とか「休みが少ない」、「残業が多すぎる」などの待遇面や労働条件でのミスマッチが生じて離職することになります。

負の側面も含めて詳細に情報を開示することで防ぐことができるのですが、離職率の高い状態がずっと長い間続いているにもかかわらず、一向に改善されることはありません。

もはや総じて学習能力が無いと言わざるを得ない状況です。

給与の詳細や休日について聞いてしまうと、「こいつは金のことしか考えてない」とか「休むことしか考えていない」と思ってしまうその社蓄精神は何なのでしょうか。

生きるためにはお金が必要で、生活の質を向上させるために高い給与を求めるのは当然です。

仕事に追われて休日がまともに取れないというのは、何のために生きているのかわかりません。

仕事に押し潰されて毎年何人も死者が出ています。

こんな死に方でいいのですか?

人生仕事だけではありませんから、十分な休暇があり、楽しく豊かに生きる権利があります。

人として当然の権利を求めて何が悪いのでしょうか。

金を求めず、休みもなくただ会社のために働けとでも言いたいのでしょうか。

給与や休日に関して聞いただけで落とすような企業は人としての権利を侵害するブラック企業であると断言できますから、当然入るべき企業ではありません。

このような重要な条件は必ず確認してミスマッチの無いようにしましょう。

労働者は契約に基づいて労働力を提供するだけなので、それ以上を求めるのであれば明らかにブラック企業であると言えます。

社蓄精神を要求するような企業に入ったところで、幸せになれるはずがありません。

会社に尽くしたところで特に見返りが無いのが普通です。

尽くした分、相応の見返りがあるのならば社蓄精神があってもいいのでしょうが。

 

参考までに、給与の内訳について知ることの重要性についてこちらの記事で解説しています。

初任給には何が含まれる? 基本給とは? 知らないと年収で差がつく 正しい求人票の見方

 

自分のキャリア等の将来性を考えて転職を決断する方も多いでしょう。

決まりきったルーティンの仕事しか与えられず、職能を高めることが難しいため転職を決意するなどのケースです。

現代の若者は何歳まで働くのでしょうか。

70歳は既定路線ですが、半世紀先は75歳、いや、80歳でしょうか。

数十年先にどのような仕事をしていたいのか、どのようなポジションにいたいのかをよく考えて、先を見越して動くという選択は賢いと思います。

ただ労働力を搾取されるだけで何も身に付かないのであれば、ただの社蓄にしかなりません。

20代での転職とは違い、30代、40代での転職はある程度能力が求められますから、かなり厳しいものになるでしょう。

能力が養われなければ飼い殺しにされてしまい、社蓄人生まっしぐらです。

残るも地獄、出るのも地獄です。

スキルアップを求めての転職を考える方は、自身を客観的に評価でき向上心もあり、先を見越して動くことのできる優秀な方ではないでしょうか。

成長する機会があり、仕事にやりがいを見出せるような環境でなければ、楽な仕事であっても精神的に辛いものがあります。

人が育つ環境でないのであれば、それは立派な転職理由になります。

現在の状況を客観的に見つめ、数十年先の自分のキャリアプランを考え、適切な判断をしましょう。

 

人間関係の問題は転職理由としてかなり多いのですが、こればかりはその中に入らないとわからないものです。

典型的な村社会では人間関係に疲れてしまうものです。

否定的な意見も受け入れる風土がなければ、組織は活性化されず成長しませんし、そこに残るのは残念な社蓄のみ。

村社会にいても成長は望めませんし、そこの風土に染まってしまうと一般社会では通用しない人間になってしまいます。

多様な人材を受け入れ、否定的な意見も言える風通しのよい組織であれば、不満を抱き続けることなく仕事に打ち込むことができるでしょう。

 

転職を考える人と考えていない人の差は、使い捨てにされることに気付いている人と、使い捨てにされることに気付いていない人との差でしょうか。

自分の人生ですから、自分の為に生きるという選択をすべきでしょう。

ミスマッチが原因で離職者が相次いでいるにもかかわらず、この状況を改善しようと努力しない学習能力の無い企業に未来はありません。

 

最近では「第二新卒」というワードが登場し、この第二新卒をターゲットとした転職サイトも登場しています。

やはり大手の方がエージェントの質も良く、安心でしょうか。

新しい市場なので何とも言えませんね。

転職の場合、転職サイトに登録することでエージェントに待遇面の交渉をしてもらったり、質問しにくいことを代わりに聞いてもらうことができます。

新卒採用とはやり方が異なりますが、転職サイトを活用することでかなり楽に転職活動を進めることができます。

転職を検討されている方は複数の転職サイトに登録することをお勧めします。

 

Sponsored Link
 
  

Sponsored Link
 
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です