若者の資産形成に有効な制度② つみたてNISA

今回はiDeCoほどではないものの、税制の面で優遇措置があり、若者の資産形成に有効なつみたてNISAを紹介します。

NISA(Nippon Individual Savings Account)とは、イギリスのISA(個人貯蓄口座)をモデルとした日本版ISAであり、少額投資非課税制度のことです。

このNISAは2014年1月から始まった個人投資家のための税制優遇制度です。

2023年までの制度で、あと5年程で終了します。

貯蓄から投資への転換を目的としていましたが、条件やルールが難解である点や、損をしているにも関わらず課税される等の落とし穴があり、国の狙い通りに広がらなかった制度です。

NISAは主に若者に利用してもらいたいという狙いがあったのですが、実際には定年を迎えてリタイアした世代が口座を開設していて、高齢者に偏っていたのです。

個人的にはこのNISAはお勧めしません。

オススメはつみたてNISAです。

つみたてNISAは、2018年1月から始まった制度で、特に少額からの長期の積立・分散投資を支援するための非課税制度です。

この制度では、投資信託によって得られた利益に対して20.315%課税されるところ、年間40万円までは非課税となります。

期間は20年間なので、800万円の非課税枠があります。

NISAと違い初心者向きで、対象は投資家の長期的な資産形成に役立つとの審査をクリアし、金融庁が認めた投信だけです。

そのため、ノーロード(販売手数料が無料)であること、信託報酬が低い等の条件をクリアした優良なものが揃っています。

 

ここまでつみたてNISAとiDeCoについて紹介してきました。

両方始めた方が良いと思いますが、収入の関係で両方は難しく、どちらかを始めたいと考える方もいらっしゃることでしょう。

そのような方は、下記の記事を参考にしてください。

 

参考記事

iDeCoとつみたてNISA、どちらを選択すべきか

 

若者の資産形成に有効な制度① 個人型確定拠出年金(iDeCo)

将来のための資産形成を促進する目的で、税制面でかなり優遇されている制度が始まっています。

それは、個人型確定拠出年金(iDeCo)とNISAです。

今回はiDeCoについて紹介します。

 

個人型確定拠出年金(iDeCo)は、確定拠出年金法に基づいて実施されている私的年金の制度です。

2017年1月からは公務員や専業主婦等、基本的には20歳以上60歳未満の国民が加入できるようになりました。

 

具体的に何をするのかというと、定期預金や投資信託の運用です。

投資信託はリスクが大きいから抵抗があるという方は定期預金を選択されるようですが、個人的には勧めません。

現金主義は安全か? インフレ率2%でどのように変わるのか」の記事で解説していますが、現金主義の日本人は、資産を現金で持つことや定期預金をリスクが小さく安全だと考えるようですが、その考えは誤りです。

投資信託を考えた方が賢明でしょう。

 

投資信託や定期預金の運用といっても、iDeCoの場合には税制の面で大きく優遇されているから特に勧められるのです。

月々5,000円から1,000円単位で拠出して積み立てることが出来、月々の掛け金の上限額は一般的なサラリーマンであれば23,000円、公務員は12,000円、自営業であれば68,000円と上限は異なります。

この掛け金の全額が控除を受けられるという点が大きな利点です。

私的年金でありながら、社会保険料と同様に控除を受けられます。

例えば、サラリーマンが限度額の月23,000円を拠出した場合、年間で276,000円積み立てることになります。

課税所得が仮に330万を超えて695万円以下であれば、所得税率は20%で、住民税の10%と合わせると30%です。全額控除を受けられるということは、

276,000×0.3=82,800

年間で82,800円の節税が見込めるということになります。

 

さらに、投資信託を運用して儲けた分には20.315%(所得税・復興特別所得税15.315%+住民税5%)課税されますが、この分が非課税となります。

つまり、通常10万円儲けた場合には2万円以上の税金がかかるため、手元に残るのが8万円もありませんが、この制度を活用すると、儲けた10万円全てが手元に残るということです。

儲けた分は再投資されるため、投資元本だけでなく、再投資した分配金がさらなる利益を生むことになります。つまり、時間が資産を大きくするということです。

これを複利効果といいます。

若い世代にあるのは時間です。

若いうちから始めることで、資産を大きくすることができます。

 

また、受け取りの際には一定額までは非課税となります。

 

これだけのメリットがありますが、次の点に注意が必要です。

・原則60歳まで引き出せない(年金という名称からも、老後のための資産形成が目的です)

・運用結果により、元本を下回る可能性がある(投資にはリスクがあります)

・各種手数料がかかる(具体的には金融商品の選び方を含めて「どのような投信を選ぶべきか 長期投資では大きな差に」の記事で解説しています。因みに、2018年1月からは、年単位でまとまった金額の拠出が可能になりました。)

ブログ開設にあたって

当ブログをご覧頂きありがとうございます。

読者の皆様のニーズに応えられるよう、今後の人生において役に立つ様々な情報を発信して参りますので、何卒宜しくお願い致します。

 

私はブログを開設した2018年現在20代半ばの薬剤師です。

このブログでは、今後の厳しい時代を生き抜くために必要な知識を読者の皆様にご紹介するとともに、物事の考え方、私が考える将来的な社会の展望等について掲載していきます。

ここで紹介するのはあくまで私の個人的な考えであり、それらを参考に実際に物事を決めるのは読者であるあなた自身です。

一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。

特に今後の厳しい時代を生きる若い世代に読んでいただき、参考にしていただいて、より豊かな人生を送っていただければ幸いです。

 

政治、経済、法や制度は我々の生活において密接に関わるものでありますが、それらについて無知な状態で社会に出て行く若者が大部分を占めるのではないでしょうか。

それではあまりにも無防備で、今後厳しい暮らしが待っていることでしょう。その時はよいのかも知れませんが、先を見通して計画的に考えなければ、後から酷く後悔する事態を招きかねないのです。

まずは、これらを学ぶ意義について理解する必要があります。

これらは自分自身を守り、豊かに暮らすために学ぶ必要があると考えます。

本当に重要な内容こそ、学校では教えてもらえません(教員も知りません)。

そもそもこれらを正しく理解している大人が自分の周囲にほとんどいないために教わる機会がないということもありますが、もう子供ではないため、自分の身は自分で守らなければなりません。

つまり、教えてもらうのではなく、自ら学び、それをもとに自分で考えなければなりません。

全ての答えがネットで調べれば出てくるわけではありません。

不都合な事実は公表されないケースが多いため、限られた情報をもとに自分で考え、対処する力が必要です。

しかし、このような能力を高めることは極めて難しいことであり、通常は身に付かないため、このブログを通して少しでもその一助になればとの思いから開設しました。

 

現代の若者世代は、もう既に定年を迎えた、或いは定年が近い世代のようないわゆる「いい時代」を生きてきた世代とは全く異なり、大変厳しい未来が待ち受けていることでしょう。

生涯で稼ぐ賃金は「いい時代」を生きてきた世代には及ばない上に、税や社会保険料の負担は重く、実質的に年金の支給額は引き下げられる。

厳しい老後の備えは若いうちから計画的に行わなければ、老後破産が待ち受けていることでしょう。

自分自身を守るのは自分であり、国や他人ではありません。

周囲のどうにかなるだろうという楽観的な考えに同調することなく、能動的に動かなければなりません。

 

総合社会学というタイトルのブログですが、最初のうちはお金絡みの記事が多くなります。ある程度お金絡みの記事を書いたら、時事ネタ含め違う話題も盛り込む予定です。

次回は税制面で優遇される、若者の資産形成に適した制度について解説します。

このブログを通して、少しでも多くの方の人生が豊かになることを願っています。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。